カメラ、フォトブック、アルバム、子育て、日々の色々


by Rie

カテゴリ:フォトブックの作り方◆ポイント( 6 )

a0340713_20382155.jpg
こんにちは。
フォトグラファー、アルバムデザイナーのRIEです。

CP+2017で展示していただいた、390円フォトブック。
その時の記事はコチラ


今回のフォトブックは、Dreame Pagesの390円フォトブックのオンライン版で作りました。
a0340713_20492414.jpg

とても簡単にフォトブックが作れるのですが、編集機能を使って一手間加えると、更にオシャレなフォトブックに仕上がります。

今回フォトブックをご覧いただいた方から、
「このページどうやって作ったの?」とご質問をいただきました。

お手にとってくださった方、ありがとうございます。

ご質問いただいたページの作り方を、簡単にご紹介します。


【質問① 白い枠はどうやってつけたの?】

a0340713_20434477.jpg
この6枚並んでいる写真を囲っている白い枠のつけ方はこちら↓

①枠をつけたい画像をクリックします。

a0340713_20573688.jpg
②上に出てくる機能の中から、「外枠」を選択します。


③枠の色を選択します。
(カラーバリエーションが豊富に揃っていました)

a0340713_20594840.jpg

外枠の幅を決めます。

⑤その他の写真にも、同じスタイルの外枠をつけるとスッキリとしたデザインに仕上がります。


【質問② 透過はどうやってやったの?】

こちらのページを見た方からこんな質問を頂きました↓
写真の左側が透過しています。
a0340713_21030355.jpg

①まずは背景を黒ます。
背景ボタンをクリック。
a0340713_21044076.jpg


②背景のカラーもたくさんあるので、お好みのものを選んでください。
a0340713_21065315.jpg

③次に透過したい写真をクリックします。
a0340713_21080452.jpg
上に表示される機能の中から、「マスク」を選択します。


④「マスク」は5種類あります。
a0340713_21085972.jpg
今回のページは左側が透過できるタイプを使いました。
写真にドラッグします。

a0340713_21030355.jpg
簡単に透過できました。

この機能を使ったページは他にもあります。
a0340713_21113534.jpg

↑こちらは背景を白に、写真をモノクロにしてみました。

この「マスク」機能を使うとオシャレなページに仕上がるのでぜひ利用してみてください。


DreamePagesのフォトブックは、画質がとても綺麗なのですが、このような機能も使えて1冊390円(送料込み)で作れるというのはとても魅力的です。

まだ作ったことのない方は、ぜひ試してみてくださいね。

スマートフォン版もあります。



こどもとかめら5期生pocketsとして、フォトグラファーの活動を開始しました。
ただいまモニター様を募集中です。
30分4000円〜撮影を承ります。(2017年、3月末までの限定価格)
ご入園・ご入学、ランドセル撮影、マタニティ、ニューボーン撮影など、ご要望の場所へ出張して撮影いたします。
東急東横線沿線を中心に、東京・横浜・川崎で活動中。
撮影のご依頼はphotosmile04@gmail.comまでよろしくお願いします。

a0340713_00175839.jpg


【Instagramでも写真を投稿しています】
プライベート写真のアカウントはこちら→rierio05
アルバムのデザインのお仕事アカウントはこちら→photosmile04

お気軽にフォローしてください♪
カメラ女子
子育て


[PR]
by photosmile04 | 2017-03-02 21:45 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)
a0340713_14541992.jpeg
今朝の目覚めの一杯。
朝ごはんと幼稚園のお弁当を作りながら、
毎朝スムージーを飲むのが日課になっています。
朝陽を浴びながら、とても気持ちの良い時間です。

さて、今週末フォトブックのイベントに参加します。

フォトブック好きな人たちが集まり、作品の紹介・情報交換をするフォトブックcafe.
前回の様子はコチラ

そこへ持参するフォトブックを先日作りました。

春休みに息子たちと一緒に見た桜の思い出を一冊に。

a0340713_14574525.jpeg


いつも子供たちをメインにしたフォトブックを作っている私にはめずらしく、
桜を主役にしたフォトブックです。

今回利用したのはphotobackさんのLIFEというシリーズ。

LIFEは帯がついていて、本屋さんで売っている書籍のような仕上がり。
少しお値段は張るのですが、
今回このLIFEの1000円オフクーポンを持っていたので
利用させていただくことにしました。

私はどのメーカーでフォトブックを作るときも、
必ずクーポンを利用し、正規価格より安く注文をしています。

ではそのクーポンの入手方法をいくつかご紹介します▽

1、ホームページに出ている「初めてのお客様限定クーポン」を利用する。
  この初めての方限定クーポンは30~40%offなど、かなり割引率が高いのが特徴です。

2、メルマガ登録をして配信されるメールに添付されたクーポンを利用する。
  先日マイブックさんから40%offクーポンのメールが配信されました

3、LINE限定クーポンを利用する。
  今回の1000円オフクーポンもLINEで配信されました。

4、イベントに参加して、お得なクーポンをゲットする。
  フォトブックや写真のイベント、ママフェスなどでは各メーカーが商品の紹介と共にクーポンを配っていることが多いです。

この他にも、注文した商品と一緒に送られてくる「次回利用可能クーポン」を利用したり、
送料無料キャンペーンなどを利用するのもお得に注文できるチャンスです。

ちなみに、しまうまプリントでは4月30日までメール便送料無料キャンペーン中です。
a0340713_11302356.jpg

こうしたクーポンをうまく利用して、
お得にフォトブック作りを楽しんでみてくださいね。




[PR]
by photosmile04 | 2016-04-27 15:01 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)

「繋いだ手」の思い出◆

a0340713_22545876.jpg

昨年夏に、妹が男の子を出産しました。
年末年始に実家に集まったときに会ったのは、赤ちゃんが生後4カ月のとき。

小さい体で必死に泣く姿も、足をバタバタする姿も全てが可愛かったです。
赤ちゃんの手足って、こんなに小さかったんだと、忘れていた昔のことを思い出しました(^_^)

a0340713_00201115.jpg
私がフォトブックに残す写真には、必ず「繋いだ手」があります。

私と子供の手、はもちろん、

パパと子供の手。

長男と次男が繋いだ手。

a0340713_00313459.jpg

手だけにフォーカスをあてた写真って、すごく温かくて好きなんです。
顔ばかりのページに「繋いだ手」の写真を入れると、グッとオシャレなページになります。



赤ちゃんのときは、お母さんの人差し指にちょこんとのる程小さかった手が、
1年もするとしっかり握れるほど成長していて・・・
それがいつの間にか、弟や妹を引っ張る手に変わっている。

a0340713_00244744.jpg
「手」だけでもこどもの成長って伝わるんです。


とはいっても、『今までの写真に「手」だけのものがない・・・。』という方も大丈夫。

フォトブック作成のソフトでは、
写真の拡大・縮小ができるものもあります。
その機能を使えば、手を繋いでいる写真から、手元だけを拡大してしまえば簡単です。


a0340713_22553548.jpg
あとから簡単な写真の加工ができるのも、フォトブックならではのこと。
フォトブック作りに慣れてきたら、こうした機能を使って楽しんでみてください。
作品の幅が広がりますよ。





[PR]
by photosmile04 | 2016-02-17 23:20 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)

ママの頑張りを残そう◆

a0340713_22475051.jpg
長男の幼稚園は週に2回お弁当の日があります。
昨年通っていた幼稚園は毎日お弁当でした。
さすがに毎日キャラ弁を作るのは無理ですが、たまにはこうやってかわいいお弁当を作る日があり、そんな日は頑張った自分のためにも記念に写真に残しています。

こんな「ママの頑張り」、きちんと記録に残していますか?

フォトブックを作っていると、(どこのお家もママさんが作ることが多いと思いますが)、パパが子供のお世話をしている写真ってたくさん出てきます。

パパが
オシメを替えている姿
子どもをお風呂に入れている姿
子どもにご飯をあげている姿

パパが育児に参加している姿を見ると、嬉しくて思わず写真に収めてしまうママ。
我が家のフォトブックにも、こんなページがあります。
a0340713_23050481.jpg
でも、
毎日子供にご飯をあげて、公園に連れて行き、お風呂に入れて・・・
一日も欠かさず子供のお世話をしているのはママ。
当たり前過ぎて、気付いたらそんな毎日のママの姿を残した写真があまりない・・・ってことも。

a0340713_23185805.jpg
でも、そんなママの頑張りこそ、きちんとアルバムに残してほしいな、と思います。


「頑張って離乳食作っていたな」とか
「イヤイヤ期辛かったけど、乗り越えたな」とか。

a0340713_23163361.jpg

子育てってゴールがないとよく言われるし、誰かに褒められることも少ないと思います。
だったら、自分で自分を褒めてあげたい!

フォトブックは作るときはもちろん、後で見返すときに楽しめるもの。
それが、自分の頑張りを振り返り、毎日の活力になるような作品 だったら嬉しいですね。






[PR]
by photosmile04 | 2016-02-08 23:50 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)
a0340713_23595388.jpg
今日は、長男の幼稚園で作品展がありました。
3学期に入ってから毎日少しずつ作品を作っていたようです。
出来上がった作品は、長男らしい個性あふれるもので、失敗しながらも必死に作っていたことが伝わってきました。
今日は一眼レフも持参して、「長男の頑張り」を何枚も写真に収めてきました(^_^)


さて今日は、「連続写真を使ったフォトブックの楽しみ方」についてお話します。

私がフォトブックを作るときに、いつも決めているのは、
「同じような写真を並べないこと」です。

アルバムは、自分だけではなくたくさんの人にも見てもらうものなので、
「誰が見ても飽きない写真配置」をしないと面白い作品になりません。

でも、同じような写真でも、よくみると「動きのある写真」ってあるんです。

a0340713_23254977.jpg
こちらは、長男が2歳のときのアルバムの1ページ。
踊ることが大好きで、機嫌が良いと家でも外でも踊っていました。
そんな陽気な姿を連続して並べて配置してみると、楽しく踊っている様子が伝わるページになりました。

a0340713_00332360.jpg
こちらはミカンの皮が剥けるようになったときの写真。
一生懸命に皮を剥いている姿と、剥けたときの嬉しそうな顔の写真を並べてみました。


他にも、カメラについている連射モードで撮影した写真でも面白いページを作ることができます。
例えば、赤ちゃんの頃。

a0340713_23280283.jpg
寝返りができるようになったときの写真をこのように何枚か並べて、コロンと寝返る様子を残しました。

0歳から1歳の間は、成長が著しくたくさんの決定的瞬間をカメラに収めている方も多いと思います。
そんな写真の中から、動きのあるものを並べると、静止画でも動画のように楽しむことができますよ。

a0340713_23345499.jpg
こちらは、ママの存在に気付いてハイハイでこっちに向かってくる次男の姿。

こんな配置で連続した写真を並べられるのは、フォトブックならではの楽しみ方です。
スナップ写真とは一味違った写真の活かし方、ぜひみなさんもフォトブックで試してみてください。


[PR]
by photosmile04 | 2016-02-06 23:02 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)
a0340713_21455718.jpg
今日は節分ですね。子どもがいるとこういった季節の行事が何倍も楽しくなります。

毎年子供たちの食欲が増し、今年は4合のお米で恵方巻を作りました。

トップの写真は長男が幼稚園で作ってきた鬼のお面。
こういった子供の作品、みなさんも写真に残していますか?

a0340713_22004394.jpg
      こちらは長男が2歳の時に児童館で作った鬼のお面です。

フォトブック作りでは、こんな小物の写真が実はとても活きてくるんです。

今日はそんなお話をさせていただきます。

撮りためた写真を見返すと、ほとんどの方がお子さんの顔・顔・顔・・・ということが多いと思います。
そしてその写真で作るフォトブックもまた、顔・顔・顔・・・の連続。

でも、そもそもアルバムって、 
「思い出を残すもの」 だと思うんです。
その大切な思い出は「顔」ばかりではなく、
お子さんが使っていた「モノ」もたくさんあるはず。

a0340713_21592148.jpg
だから私はそんな思い出の「モノ」たちを、たくさん写真に残すようにしています。

大好きで何度も何度も読んだ絵本

お気に入りの靴や洋服

初めて書いた絵

レゴで作った作品

など。

我が家のフォトブックの中身を少しご紹介します▽
a0340713_22000841.jpg
こちらは、パパが長男のために作ったサボさんと、コッシー。
パパの頑張りもきちんと残します(^_^)

a0340713_22032240.jpg
長男が3歳になってから、初めてバレンタインにプレゼントしたチョコレート。
毎日嬉しそうに一粒ずつ味わって食べていた姿が忘れられません。

a0340713_22000020.jpg
公園での写真は、ついブランコに乗った姿や、滑り台から降りてくる姿ばかりになりがちですが、
こんな風に遊んでいるときの手元だけを撮るのもオススメです。

フォトブックを開いたときに、お子さんの可愛いお顔の横にこういったモノの写真があると、見ていて楽しいページになります。

ぜひみなさんも、大切な「モノたち」の思い出も残してみてください。

次回もフォトブック作りのポイントについてお話します。




[PR]
by photosmile04 | 2016-02-03 22:50 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)