カメラ、フォトブック、アルバム、子育て、日々の色々


by Rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:写真の撮り方◆シャッタースピード( 2 )

a0340713_23195130.jpg
こんにちは。
フォトグラファー、アルバムデザイナーのRIEです。

前回の横浜散歩の記事に続き、今日は夜景編です。

横浜は夜景の素敵なスポットもたくさん!
インスタグラムで素敵な写真を拝見しながら、
「どこで撮っているのだろう・・・」となかなか場所がわからずモヤモヤしていました。

ということでまた歩いてフォトスポットを探すことに。

休憩していたMARINE&WALKからスタート。
そこから駅へと向かって歩いている途中で、赤レンガ倉庫が素敵に写せる場所がありました。

a0340713_23372899.jpg
こちらから撮影。

シャッタースピードを変えながら色々と試してみました。

まずはシャッタースピード1/13秒
a0340713_23204469.jpg

これでもとても綺麗なのですが、もう少しシャッタースピードを遅くしてみました。


こちらは0.4秒
a0340713_23195130.jpg
街灯のライトまで綺麗に光り明るく幻想的な写真になりました。
この日1番のお気に入りです。


【シャッタースピードとは?】
シャッターが開いてから閉じるまで、レンズに光が入ってくる時間のことをいいます。

【シャッタースピードが早いとは?】
シャッターを切る速度が早く、その分レンズに光が入ってくる時間も短くなります。
スピードが早ければ早いほど、暗い写真になります。

【シャッタースピードが遅いとは?】
シャッターを切る速度が遅く、レンズに光が入る時間が長くなるので、明るい写真を撮ることができます。


こんな風に、シャッタースピードを変えながら試してみると、同じ被写体でも違った写真を撮ることができます。

この後、汽車道を歩き、みなとみらいのシンボルである観覧車を撮影しました。

a0340713_00292246.jpg
こちらを歩いて進みました


この写真のシャッタースピードは1/6秒。

a0340713_00160992.jpg

1/6秒だと、動いている被写体はブレてしまいます。
今回はそれを上手く利用して、歩いている人を背景のようにボカした写真にしました。

観覧車は様々な色に変化するので、好みの色を待って撮影するのも楽しいです。
a0340713_00241830.jpg
夢中になっている間にいつの間にか家族がいなくなっていました。笑

「寒過ぎて、ランドマークタワーに避難しているよ〜」と連絡が。

家族の元へと急ぎながら、汽車道の端まで来ました。
そこからまた観覧車を撮影。
先ほどの写真とは逆方向からの観覧車です。
a0340713_00255174.jpg
こちらはシャッタースピード0.6秒。
もっとシャッタースピードを遅くして色々と試してみたかったのですが、
三脚を持っていなかったので手ぶれが起こり、これが限界でした。

次回は三脚持って撮影に行きたいと思います。




カメラ女子
子育て

第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by photosmile04 | 2017-01-13 00:46 | 写真の撮り方◆シャッタースピード | Comments(0)
a0340713_01052541.jpg


こんにちは。
PHOTOSMILEアトリエのRIEです。

実家への帰省の間、長男と甥っ子が毎日仲良く遊んでいた様子をたくさん写真に収めました。

いとこ同士の2人。
とても仲の良い様子を見て、ぜひ撮ってみたいと思ったのが、
ジャンプの写真

2人にリクエストしたところ、楽しんで、何枚も撮らせてくれました。

が、何もないところでジャンプをしても、なかなか上手く飛べません。

そこで、「遊具の丸太をジャンプで越えてみよう」
と遊び感覚でやってみると、大成功でした。

a0340713_01055018.jpg

2人で声を掛け合って、よーいスタート。
a0340713_01053349.jpg

何度も飛ぶうちに息がぴったりと合い、可愛い写真がたくさん撮れました。

こちらは、丸太の上に立って、ジャンプ!
a0340713_01051724.jpg
すごく高く飛んでいるように見えますが、
実際はほんのちょっとしか飛べていません。笑


【カメラ設定 Canonの場合】
シャッタースピード  1/1000秒

AFモード を「AI SERVO」に設定し

撮影枚数を「連続撮影」にし、ジャンプの瞬間を捉えます

動きの早い被写体は、シャッタースピードを上げて撮ります。
AI SERVOとは、動きが早くピントが変化するような被写体に、自動的にピントを合わせてくれるモード。
前後に被写体が動いた場合でも、ピントが合いやすくなります。

a0340713_01355485.jpg

子供達は、ジャンプが終わる度にカメラのモニターをチェック。
「次はこんなポーズで」
「次はもっと高く」などと言いながら、何度もジャンプをしていました。

仲の良いお友達同士で、兄弟で、こんな息の合った写真を撮ってみるととても楽しいですよ。
何よりカメラの練習にもなります^_^

ぜひ試してみてくださいね。

今年は、カメラについて「学ぶ・修得する」ことに加え、
こうして学んだことを「自分の言葉で伝える」ことにも挑戦したいと思います。

今年もPHOTOSMILEアトリエのブログをどうぞよろしくお願いします。
カメラ女子
子育て



第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by photosmile04 | 2017-01-07 01:49 | 写真の撮り方◆シャッタースピード | Comments(0)