カメラ、フォトブック、アルバム、子育て、日々の色々


by Rie

<   2016年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

a0340713_21490199.jpg
前回の記事「CP+に行ってきました」の続編です。

様々なメーカーをご紹介しましたが、最後は富士フィルムさん。
初日の木曜日は時間切れで周れなかった富士フィルムさんのブースに、土曜日行ってきました。

メインの商品である、 「イヤーアルバム」と「フォトブック」に並んで私が惹きつけられたのは、
壁に写真を張り付けることができる、shacolla(シャコラ)というフォトパネル。

a0340713_21595381.jpg
印刷した写真を軽量のパネルに張り付けて、それを壁にくっつけるだけ。
パネルに特殊な加工がされていて、写真の張り替えが可能だそうです。
とてもオシャレで手軽な写真の楽しみ方ですね。

そして富士フィルムさんでは、新商品のコーナーもありました。

a0340713_13264283.jpg

見た目はイヤーアルバムと同じですが、作り方が少し違う、「みんなでつくる Year Album」
みんなで集めた写真を幹事さんがまとめて編集し、一冊のフォトブックを作りあげるというもの。

作り方は▽
①幹事さんが、参加メンバーに招待メールを送信

②メンバーそれぞれが、WEB上に写真と寄せ書き(コメント)をアップロード

③幹事さんがそれらをまとめて編集

こんな手順で、メンバー全員で作り上げたようなフォトブックが作れます。
誕生日祝いや、送別のプレゼント、結婚式の新郎新婦へのプレゼントとして提案されているようです。

a0340713_13265191.jpg

メンバーは36名まで参加可能で、スマートフォンで作成できます。
他のメーカーさんでは見かけないサービスなので(私の勉強不足でしたらすみません)すごく魅力的に感じました。

ただ、3月1日リリースとのことで、お別れシーズンを考えるともう少し早くサービスが始まっていたらなぁと思うところではありますが・・・。


こうしてたくさんのブースを周り、とてもいい勉強になった、充実した2日間でした。
でもまだまだ勉強不足なところもあり、帰宅してから夜な夜な復習を・・・。

これだけたくさんのクーポンもいただけたことですし、時間をみつけて各社のフォトブックを作ってみたいと思います。

a0340713_23201901.jpg

今回私が感じたことは、

写真は撮影後に様々な楽しみ方があり、それぞれのシチュエーションや人によってその楽しみ方は違うということ。

フォトブックだけにこだわらない写真の楽しみ方、今後のお仕事でも取り入れていきたいな、と思います。

次回は、この日出会ったカメラマンさんたちのお話です。

[PR]
by photosmile04 | 2016-02-29 13:33 | お仕事 | Comments(0)
a0340713_23140349.jpg
木曜日,子供たちを幼稚園、保育園へそれぞれ預けて横浜へお出かけ。
向かった先は
2月25日から4日間、パシフィコ横浜で開催される、『カメラと写真映像のワールドプレミアショー、CP+』です。

このイベント、カメラのメーカーがたくさん出展していて、カメラ好きの方の集まりといった感じですが、
フォトブックメーカーも数社出展されるとのことで、とても楽しみにしていました。

この日は私がいつもお世話になっているメモアルの徳本雅美さん と、名古屋からいらしたカメラマンの小雪さん と一緒に会場を周らせていただきました。

そこで周ったブース(メーカーさん)ごとに内容をまとめましたので、ご覧下さい▽

まずは、お仕事でもお世話になっているアスカネットさん。

a0340713_23142950.jpg

a0340713_22244298.jpg
2月に新たにラインナップに加わった『LIFE』の紹介コーナーがありました。
今までのフォトブック商品とは少し違い、紙の質感がとてもオシャレ。
実物を見る機会はなかなかないので、こういったイベントで手に取って商品を確かめられるのは貴重です。


その他にもフォトブックコーナーでは、有名な写真家さんの作品がずら~っと並んでいました。
a0340713_23142497.jpg

そのあとは、大日本印刷さんのブースへ。
a0340713_11465949.jpeg


こちらはメインのフォトブック商品であるDreamePagesの紹介の他に、写真をプリントしてお部屋に飾ったりデコったり、カレンダーにしたり・・・といった楽しみ方も紹介されていました。
a0340713_23143517.jpg
写真を
撮る楽しみ、プリントする楽しみ、飾る楽しみ、贈る楽しみ、と色んな楽しみ方の提案がありました。


続いてCanonさん。
カメラコーナーが大半を占めている中で、ここにもちゃんとフォトブックのコーナーがありました。

3月にリリースされるフォトブック作成サービスPhotoJewel S。

a0340713_22472906.jpg

システムが自動で写真をレイアウトしてくれる、忙しい人にはピッタリの簡単フォトブックです。
a0340713_22480036.jpg
お姉さんがタブレットをつかって詳しく作り方を説明してくれました。
写真を選び、サイズを選び、ページ数を選び・・・と各項目を選択していくと、あっという間にレイアウトが完成。
後から、写真を入れ替えることも可能だそうです。
a0340713_22481304.jpg
製本もとてもきれいで品質は素晴らかったのですが、その分お値段もしっかりしていました。

でも、ここまで説明を聞くと、ん~何だか似たような商品が各メーカーから出ているなぁ・・・と。
フォトブック好きな私でも、お腹いっぱいという位の情報量で、徳本さんの補足説明なしでは整理ができないほどでした。

ここまで各社が質の良いフォトブックを出していると、初心者の人はますます選択できなくなります。
それぞれの品質、ソフトの使いやすさ、製本など、きちんと説明できるフォトブックアドバイザーは、やはり必要とされる存在だなぁ、と改めて感じました。

と、まだまだ続きますが、今日はここまで。
次回はフジフィルムさんのブースのお話です。

[PR]
by photosmile04 | 2016-02-27 23:26 | お仕事 | Comments(0)
a0340713_10220050.png
桜の季節が待ち遠しい今日この頃です。
トップの写真は山口県の錦帯橋の桜。
我が家は昨年まで広島に住んでいたのですが、錦帯橋は車で一時間ほどで行ける大好きな場所で、何度も訪れました。

さて、今日は撮影会のお知らせです。

私が一緒にお仕事をさせていただいているカメラマンさんが、来月『春の撮影会』を行います。

この春ご入学ご入園をお迎えになるお子さんの可愛い姿を、桜を背景にお写真に残してみませんか?
特別な思い出になると思います。

料金・日程の詳細は以下の通りです▼

全て満席になったとのことです

カメラマン:牧野公子

20カット4000円(撮影時間20分)
ごきょうだい2人お祝いの場合、30カット6000円(撮影時間30分)
データをCD+デザインデータ2枚(Lサイズ)を納品致します。
【場所】 横浜市戸塚区柏尾川(詳細の場所は後日おしらせ致します)
【日時】(雨天時4/1に延期)
3/30(水)
 9:00~
 9:30~
 10:00~
 10:30~ 
3/31(木)
 9:00~
 9:30~
 10:00~
 10:30~

上記日程以外にもご相談によっては対応可能とのことです。
a0340713_10040123.jpg
     こんな素敵なお写真を撮ってくださるカメラマンさんです。

牧野公子さん自身も、三人のお子さんをお持ちのお母さんで、お子さんの気持ちに寄り添った撮影をしてくださる方です。
ご入園前の小さなお子さんでも無理なく撮影でき、きっと自然な笑顔のお写真が残せると思います。
昨年の撮影の様子がブログにアップされています→春の撮影会

ご予約はこちらまで▼
happykimiko@hotmail.com  (カメラマンさんのアドレスになります)
メールでご希望の日時時間帯をおしらせ下さい


私は撮影後、データをアルバムなどの形に残すお手伝いをさせていただきます。

せっかくプロにお願いして撮影したお写真が、CDやパソコンに残ったままになってしまうのはとても残念なこと。
そういったデータは、保存が永遠に続くわけではありません。
CDの保存期限は10年と言われているし、パソコンが故障した場合は大切なデータが消えてしまうことも。

そうならないためにも、写真をいつでも見返したり、お部屋に飾れるようなカタチに残して、撮影後もお写真を何倍も楽しめるような商品をご提案します。
商品内容は後日ブログでご案内させていただきます。

a0340713_10271547.png
皆様のご予約お待ちしております。


ご質問ご要望がございましたら、私の方でも受け付け致します▼
photosmile04@gmail.com
 






[PR]
by photosmile04 | 2016-02-23 10:51 | お知らせ | Comments(0)

少しずつ、前進◆

a0340713_00410343.png

子供たちと遊びに行く公園で、梅の花が咲いていました。
少しずつ、春が近づいてきていますね。


先週金曜日、アルバム制作のお仕事の相談で、メーカーさんとお話をしてきました。
今後のお仕事の幅が広がっていきそうなお話がたくさんあり、今からワクワクしています。
a0340713_00413555.png
私がフォトブックに関わる仕事をしたいと思ったのは、昨年の夏。

活動プランの修正を重ねながら、ようやくここに辿り着いたという感じです。
ここに来るまでにいろいろ勉強したり、悩んだり、
たくさんの人にお会いして、刺激を受けながらも
自分の能力の無さに落ち込んだりもしました。

でも、確実に、
少しずつですが、前に進んでいるという実感があります。

a0340713_00432954.png
でも、今はようやくスタートラインに立てたという感じ。
今自分が思い描いている事業プランが、きちんと実りあるものになるように
日々真面目に取り組んでいきたいと思います。


仕事のあとは、急いで子供たちの元へ。
2人を連れて公園で遊んできました。

a0340713_00442212.jpg
仕事を始めても、こうした子供たちとの時間は変わらず大切にしていきたいな、
と改めて思いました。




エキブロ春の投稿まつり「私らしく春を先撮り!小さい春、み~つけた!」
[PR]
by photosmile04 | 2016-02-21 00:58 | お仕事 | Comments(0)

「繋いだ手」の思い出◆

a0340713_22545876.jpg

昨年夏に、妹が男の子を出産しました。
年末年始に実家に集まったときに会ったのは、赤ちゃんが生後4カ月のとき。

小さい体で必死に泣く姿も、足をバタバタする姿も全てが可愛かったです。
赤ちゃんの手足って、こんなに小さかったんだと、忘れていた昔のことを思い出しました(^_^)

a0340713_00201115.jpg
私がフォトブックに残す写真には、必ず「繋いだ手」があります。

私と子供の手、はもちろん、

パパと子供の手。

長男と次男が繋いだ手。

a0340713_00313459.jpg

手だけにフォーカスをあてた写真って、すごく温かくて好きなんです。
顔ばかりのページに「繋いだ手」の写真を入れると、グッとオシャレなページになります。



赤ちゃんのときは、お母さんの人差し指にちょこんとのる程小さかった手が、
1年もするとしっかり握れるほど成長していて・・・
それがいつの間にか、弟や妹を引っ張る手に変わっている。

a0340713_00244744.jpg
「手」だけでもこどもの成長って伝わるんです。


とはいっても、『今までの写真に「手」だけのものがない・・・。』という方も大丈夫。

フォトブック作成のソフトでは、
写真の拡大・縮小ができるものもあります。
その機能を使えば、手を繋いでいる写真から、手元だけを拡大してしまえば簡単です。


a0340713_22553548.jpg
あとから簡単な写真の加工ができるのも、フォトブックならではのこと。
フォトブック作りに慣れてきたら、こうした機能を使って楽しんでみてください。
作品の幅が広がりますよ。





[PR]
by photosmile04 | 2016-02-17 23:20 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)

嬉しい反応◆

a0340713_23334029.jpg
バレンタインの日曜日は、姉家族に会いに千葉へ遊びに行ってきました。

もうすぐ2人目の出産を控えた姉に、我が家では使わなくなったチャイルドシートやオモチャをお下がりで渡してきました。
長男、次男の思い出の詰まったグッズが、こうやってまた誰かの元で大切に使って貰えるのは嬉しいことです。

さて、昨日は姉からこんな依頼がありました。
「フォトブックを作ってみようと思うから、リエの作った作品を何冊か見せて欲しい」と。
a0340713_23334986.jpg
そこでこども達がパパと外で遊んでいる時間を利用して、フォトブックの作り方や写真整理の方法をザッと説明しました。
その場でフォトブックメーカーのソフトもダウンロードし、簡単に操作方法を説明。
レイアウトや簡単な写真の加工なども伝えました。

ほんの1時間程度のことですが、フォトブックを作ったことのない姉にとっては、どれも新鮮な話だったようです。

週末、いつも私のブログを読んでくれている友人からは、こんなことを言われました。
「いつかリエちゃんにフォトブックを作ってもらいたいな。
でも私も自分で作ってみようと思う!」と。

私の作品を見たりブログを読んでくれた人に、小さいながらも影響を与えられているとは、驚きでした。

フォトブック作りは、初めての人にとっては難しそうに思えて、なかなか重い腰が上がらないもの。
でも、私の活動がそんな誰かの背中を押すことが出来たら、これ以上嬉しいことはありません。

まだ人に何かを教えられるレベルではないけれど、微力ながらも誰かの役に立つような情報を発信していきたいな、と感じる週末でした。


a0340713_23351326.jpg
最後に・・・。
こちらは今年主人へプレゼントしたチョコレートケーキの写真。
家族全員が大好きなトップスのチョコレートケーキは、誕生日やお祝いごとで登場する我が家の定番です。

息子たちにはそれぞれ小さなチョコレートの詰め合わせをプレゼント。
毎日一粒ずつ食べています(^u^)


[PR]
by photosmile04 | 2016-02-15 23:59 | 日記 | Comments(0)

貴重な体験②◆



a0340713_02082418.jpg
2月11日祝日の出来事。
少し前に招待をいただき、とても楽しみにしていた「フォトブックcafe」へお邪魔してきました。

「フォトブックcafe」とは???
フォトブック好きな人たちが、自分の作品を持ち寄って集まり、そして語らう場所。

a0340713_02075723.jpg
主催してくださったのは、2年前からフォトブック教室を開いていらっしゃる徳本雅美さん
昨年徳本さん主催のイベントのお手伝いをさせて頂いてから、私の中のフォトブック作りへの思いがより強くなりました。

この日参加された皆さんが持ち寄ったフォトブックは、メーカーも作り方も様々。

a0340713_22252151.jpg
                      参加者様から画像お借りしています。


それぞれにフォトブックに込めた想いやエピソードがあり、
たくさんのアイデアや工夫があり、
皆さんの作品を見て、とても勉強になりました。


こんなに手の込んだ、想いのこもった作品がずらっと並ぶ機会って、他にないと思います!
本当に貴重な体験でした。
フォトブックって、作り手によってこんなに仕上がりが変わる、奥の深いものなんだなぁとしみじみ・・・。

a0340713_02085111.jpg


わたしはいつも、「フォトブックは見返すときこそ、魅力が発揮できるもの」だと感じています。


フォトブック作りはパソコンに向き合って一人で行うものなので、誰かと一緒に楽しく作業することが難しいです。
でも作った後にこうやって誰かと楽しむことが出来れば、フォトブックの魅力を何倍も味わうことができますね。

この日はフォトブックメーカーさんもいらっしゃって、新商品を見せていただく時間もありました。
スマホやタブレットから簡単に作れるフォトブック。
普段何気なく撮りためた写真がオシャレに残せる素敵なアイテムです▽
a0340713_22333584.jpg
フォトブック好きな私にとっては何とも贅沢な時間でした。

今回素敵な時間を作って頂いた徳本さんと、参加された皆様、とても楽しい時間をありがとうございました。

こんな風にフォトブック好きな人がまだまだ全国にはたくさんいるんだろうなぁ・・・。
そう思うとなんだかワクワクします。


[PR]
by photosmile04 | 2016-02-13 23:12 | フォトブック | Comments(0)

貴重な体験①◆

a0340713_21481531.jpg
今日幼稚園にお迎えに行くと、長男が何やらニヤニヤした顔で私を見ていました。
どうやら女の子からチョコレートをもらったようです。
クラスの男の子全員に配ってくれたようなのですが、そんなことを知らない長男はそれはもう嬉しそうで(*^_^*)

兄弟がケンカしないようにと、その女の子のお母さんは次男の分まで用意してくれていました。
そんな小さな心遣いができるお母さん、私も見習わないといけないですね。

さて、昨日2月11日の祝日は、私はとあるフォトブックのイベントに出かけていて、子供たち二人を一日パパに預けることに。
最近何かと休日に子供たちのお世話をお願いすることが多く、いつも公園へ連れて行ってくれるのですが、
昨日はとても素敵なイベントがあったので、事前に申し込みをして、三人で出かけてもらうことにしました。

a0340713_22312963.jpg
そのイベントというのが、NHK教育テレビでお馴染みの『おねんどお姉さん』のワークショップ。

いつもテレビで見ているおねえさんに直接会えるイベントということで、主人もとても楽しみに出かけていきました。

が、実際にねんどで作品を作るとなると、2歳の次男には難しかったようで、
もらったねんどを全部合体させてコネコネ。
a0340713_21565594.jpg
作品を作るどころではなかったようです。
長男はなんとか最後まで頑張って作品を作ったようですが、最後のお楽しみ「おねえさんと記念撮影」では順番待ちをすることができず、早々と退散・・・。

長時間椅子に座って作品を作るのはやはり2歳児には早すぎたと、無理なお願いを主人にしたことを反省しました。

やっぱり男の子は外で走り回るのが一番楽しいかな?

ちなみにこのワークショップ、昨年の7月に私と長男二人で参加したことがあったのですが、それがもう楽しくて、息子より私の方がおねんどにハマってしまいました(^_^)
ワークショップで買った本を見ながら、自宅で長男とたくさん作品を作るようになり、気付いたらこんなにもたくさんのミニチュアケーキが!
a0340713_22130005.jpg
こういった細かい作業が私は好きで、一度始めると黙々と作り続けてしまいます。

今日はフォトブックから外れた話題になりましたが、次回はこの日私が参加したフォトブックイベントについて書かせていただきます。

[PR]
by photosmile04 | 2016-02-12 22:43 | 子育て | Comments(0)

ママの頑張りを残そう◆

a0340713_22475051.jpg
長男の幼稚園は週に2回お弁当の日があります。
昨年通っていた幼稚園は毎日お弁当でした。
さすがに毎日キャラ弁を作るのは無理ですが、たまにはこうやってかわいいお弁当を作る日があり、そんな日は頑張った自分のためにも記念に写真に残しています。

こんな「ママの頑張り」、きちんと記録に残していますか?

フォトブックを作っていると、(どこのお家もママさんが作ることが多いと思いますが)、パパが子供のお世話をしている写真ってたくさん出てきます。

パパが
オシメを替えている姿
子どもをお風呂に入れている姿
子どもにご飯をあげている姿

パパが育児に参加している姿を見ると、嬉しくて思わず写真に収めてしまうママ。
我が家のフォトブックにも、こんなページがあります。
a0340713_23050481.jpg
でも、
毎日子供にご飯をあげて、公園に連れて行き、お風呂に入れて・・・
一日も欠かさず子供のお世話をしているのはママ。
当たり前過ぎて、気付いたらそんな毎日のママの姿を残した写真があまりない・・・ってことも。

a0340713_23185805.jpg
でも、そんなママの頑張りこそ、きちんとアルバムに残してほしいな、と思います。


「頑張って離乳食作っていたな」とか
「イヤイヤ期辛かったけど、乗り越えたな」とか。

a0340713_23163361.jpg

子育てってゴールがないとよく言われるし、誰かに褒められることも少ないと思います。
だったら、自分で自分を褒めてあげたい!

フォトブックは作るときはもちろん、後で見返すときに楽しめるもの。
それが、自分の頑張りを振り返り、毎日の活力になるような作品 だったら嬉しいですね。






[PR]
by photosmile04 | 2016-02-08 23:50 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)
a0340713_23595388.jpg
今日は、長男の幼稚園で作品展がありました。
3学期に入ってから毎日少しずつ作品を作っていたようです。
出来上がった作品は、長男らしい個性あふれるもので、失敗しながらも必死に作っていたことが伝わってきました。
今日は一眼レフも持参して、「長男の頑張り」を何枚も写真に収めてきました(^_^)


さて今日は、「連続写真を使ったフォトブックの楽しみ方」についてお話します。

私がフォトブックを作るときに、いつも決めているのは、
「同じような写真を並べないこと」です。

アルバムは、自分だけではなくたくさんの人にも見てもらうものなので、
「誰が見ても飽きない写真配置」をしないと面白い作品になりません。

でも、同じような写真でも、よくみると「動きのある写真」ってあるんです。

a0340713_23254977.jpg
こちらは、長男が2歳のときのアルバムの1ページ。
踊ることが大好きで、機嫌が良いと家でも外でも踊っていました。
そんな陽気な姿を連続して並べて配置してみると、楽しく踊っている様子が伝わるページになりました。

a0340713_00332360.jpg
こちらはミカンの皮が剥けるようになったときの写真。
一生懸命に皮を剥いている姿と、剥けたときの嬉しそうな顔の写真を並べてみました。


他にも、カメラについている連射モードで撮影した写真でも面白いページを作ることができます。
例えば、赤ちゃんの頃。

a0340713_23280283.jpg
寝返りができるようになったときの写真をこのように何枚か並べて、コロンと寝返る様子を残しました。

0歳から1歳の間は、成長が著しくたくさんの決定的瞬間をカメラに収めている方も多いと思います。
そんな写真の中から、動きのあるものを並べると、静止画でも動画のように楽しむことができますよ。

a0340713_23345499.jpg
こちらは、ママの存在に気付いてハイハイでこっちに向かってくる次男の姿。

こんな配置で連続した写真を並べられるのは、フォトブックならではの楽しみ方です。
スナップ写真とは一味違った写真の活かし方、ぜひみなさんもフォトブックで試してみてください。


[PR]
by photosmile04 | 2016-02-06 23:02 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)