カメラ、フォトブック、アルバム、子育て、日々の色々


by Rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こんにちは。
フォトグラファー、アルバムデザイナーのRIEです。

先日参加させていただいたAdobe様主催のイベント
そこでLightroom mobileアプリを知り、スマホにダウンロードして利用してみました。
a0340713_00504783.png
Lightroom mobileを使うと、スマートフォンで写真の編集ができます。
今までパソコンで編集作業をしていた私にとってはとても嬉しいアプリです。
スマホ撮影の写真も思い通りに編集でき、よりクオリティの高い作品を作ることができます。


簡単にLightroom mobileの内容をまとめてみました↓

【Lightroom mobileでできること】

①スマホでRAW現像ができる
(iPhoneの場合、6S以降の機種で対応)

②デスクトップ版とモバイル版を同期できる
(AdobeIDを持っている方のみ)
これにより、外出先でもPC内のデータの編集作業をスマホで行うことができます。

③スマホで編集した画像をSNSにそのまま投稿できる


更に、2017年3月7日のアップデートにより、RAW HDR撮影モード追加されました。

この機能は、3枚のDNGファイルを撮影して自動的に位置修正、合成、ゴースト除去、トーンマッピングを行う」というもの。

通常、スマホでHDR JPEG撮影をした場合は、2枚の画像を処理し露出補正を行うのですが、この場合色調の再現にも限界があります。

今回アップデートされた「RAW HDR撮影モード」機能では 
3種類のRAW写真を取り込み、デバイス内で合成処理することで、
今までに比べてより綺麗な画質と露出で画像が再現できるようになりました。

a0340713_16595120.png
(Adobe様のサイトより、画像お借りしました)


今まで一眼レフカメラやミラーレスカメラでしか再現できなかったような写真が、このLightroom mobileを使えば、スマートフォンでも質の良い画像が再現できるようになったのです。

スマホでの撮影機会が益々増えそうですね。

私はiPhon6ユーザーなので残念ながらこの機能を使えないのですが、新しいスマホを購入して早く試してみたくなりました!




[PR]
by photosmile04 | 2017-03-10 17:06 | Adobe取材報告 | Comments(0)

桜撮影会のお知らせ◇

a0340713_23413799.jpg
こんにちは。
フォトグラファー、アルバムデザイナーのRIEです。

先日、お引越ししてしまう友人のお別れ会がありました。
親子総勢17名でたこ焼きパーティーをし、食後は子供達みんなでお風呂に入り、パジャマに着替えて帰宅・・・という盛りだくさんのメニューで、大人も子供も楽しい時間を過ごしました。


さて、今日は撮影会のお知らせです。
a0340713_23145367.jpg

こどもとかめらpocketsが、この春「桜撮影会」を開催します。

春は、進級・進学に加え、お引越しなどお別れが多い季節ですね。
仲の良い友人と、またご家族での思い出に、桜を背景にお写真を残してみませんか?

開催日は3月30日(木)、4月1日(土)、と二日間、
場所も2箇所ありますので、ご都合の良い方にご参加くださいね。



【桜撮影会①】
日程  3月30日(木)
場所  東急東横線 元住吉駅周辺
時間  9時30分〜
料金  1,000円(5カット)

お申込はコチラ→◇3月30日撮影会◇



【桜撮影会②】
日程  4月1日(土)
場所  新宿周辺
時間  9時30分〜
料金  1,000円(5カット)

お申し込みはコチラ→◇4月1日撮影会◇

a0340713_23415264.jpg
私は両日ともカメラマンとして撮影を担当させていただきます。

皆様からのお申し込み、お待ちしております。

こどもとかめら5期生pocketsとして、フォトグラファーの活動を開始しました。
ただいまモニター様を募集中です。
30分4000円〜撮影を承ります。(2017年、3月末までの限定価格)
ご入園・ご入学、ランドセル撮影、マタニティ、ニューボーン撮影など、ご要望の場所へ出張して撮影いたします。
東急東横線沿線を中心に、東京・横浜・川崎で活動中。
撮影のご依頼はphotosmile04@gmail.comまでよろしくお願いします。

a0340713_00175839.jpg


【Instagramでも写真を投稿しています】
プライベート写真のアカウントはこちら→rierio05
アルバムのデザインのお仕事アカウントはこちら→photosmile04

お気軽にフォローしてください♪
カメラ女子
子育て


[PR]
by photosmile04 | 2017-03-07 23:50 | お知らせ | Comments(0)
a0340713_20382155.jpg
こんにちは。
フォトグラファー、アルバムデザイナーのRIEです。

CP+2017で展示していただいた、390円フォトブック。
その時の記事はコチラ


今回のフォトブックは、Dreame Pagesの390円フォトブックのオンライン版で作りました。
a0340713_20492414.jpg

とても簡単にフォトブックが作れるのですが、編集機能を使って一手間加えると、更にオシャレなフォトブックに仕上がります。

今回フォトブックをご覧いただいた方から、
「このページどうやって作ったの?」とご質問をいただきました。

お手にとってくださった方、ありがとうございます。

ご質問いただいたページの作り方を、簡単にご紹介します。


【質問① 白い枠はどうやってつけたの?】

a0340713_20434477.jpg
この6枚並んでいる写真を囲っている白い枠のつけ方はこちら↓

①枠をつけたい画像をクリックします。

a0340713_20573688.jpg
②上に出てくる機能の中から、「外枠」を選択します。


③枠の色を選択します。
(カラーバリエーションが豊富に揃っていました)

a0340713_20594840.jpg

外枠の幅を決めます。

⑤その他の写真にも、同じスタイルの外枠をつけるとスッキリとしたデザインに仕上がります。


【質問② 透過はどうやってやったの?】

こちらのページを見た方からこんな質問を頂きました↓
写真の左側が透過しています。
a0340713_21030355.jpg

①まずは背景を黒ます。
背景ボタンをクリック。
a0340713_21044076.jpg


②背景のカラーもたくさんあるので、お好みのものを選んでください。
a0340713_21065315.jpg

③次に透過したい写真をクリックします。
a0340713_21080452.jpg
上に表示される機能の中から、「マスク」を選択します。


④「マスク」は5種類あります。
a0340713_21085972.jpg
今回のページは左側が透過できるタイプを使いました。
写真にドラッグします。

a0340713_21030355.jpg
簡単に透過できました。

この機能を使ったページは他にもあります。
a0340713_21113534.jpg

↑こちらは背景を白に、写真をモノクロにしてみました。

この「マスク」機能を使うとオシャレなページに仕上がるのでぜひ利用してみてください。


DreamePagesのフォトブックは、画質がとても綺麗なのですが、このような機能も使えて1冊390円(送料込み)で作れるというのはとても魅力的です。

まだ作ったことのない方は、ぜひ試してみてくださいね。

スマートフォン版もあります。



こどもとかめら5期生pocketsとして、フォトグラファーの活動を開始しました。
ただいまモニター様を募集中です。
30分4000円〜撮影を承ります。(2017年、3月末までの限定価格)
ご入園・ご入学、ランドセル撮影、マタニティ、ニューボーン撮影など、ご要望の場所へ出張して撮影いたします。
東急東横線沿線を中心に、東京・横浜・川崎で活動中。
撮影のご依頼はphotosmile04@gmail.comまでよろしくお願いします。

a0340713_00175839.jpg


【Instagramでも写真を投稿しています】
プライベート写真のアカウントはこちら→rierio05
アルバムのデザインのお仕事アカウントはこちら→photosmile04

お気軽にフォローしてください♪
カメラ女子
子育て


[PR]
by photosmile04 | 2017-03-02 21:45 | フォトブックの作り方◆ポイント | Comments(0)

もう1つのCP+◆

a0340713_23240496.jpg
こんにちは。
フォトグラファー、アルバムデザイナーのRIEです。

たくさんの経験をさせていただいた、CP+2017。

今回のCP+では、アドビシステムズ社様にお声掛けをいただき、フォトトーク&ウォークイベントに参加するという、また一味違ったCP+を楽しむことができました。

アドビといえば、普段からPhotoshopやLightroomでお世話になっている会社様。
担当者の方からメールをいただいたときは、本当に自分宛のお話なのか、他の誰かと間違っているのか、と疑ってしまうほどでした。笑

私のブログを見てお声掛けをいただいたとのことで、信じられないような気持ちでしたが、とても魅力的なイベントだったので、なんとか子供達の預け先を確保し参加することができました。


イベントの第1部は、写真家のジュリアンコスト氏による、モバイルアプリLightroom mobileを使った撮影、加工方法の講義を受けました。
a0340713_00504783.png
普段私はパソコン版のLightroomを使って現像作業をしているのですが、mobileアプリは初めてです。

この機能を使えば、スマホで撮影した写真をスマホでレタッチすることができます。
更に、撮影時にJPEG画像とRAW画像を選択することも可能だそうです。
(iPhone6s以降の機種で対応)



そして第2部はみなとみらいの夜景スポットを撮影する、「フォトウォーク」がありました。
a0340713_23243570.jpg


私にとって1番の楽しみはこちら。
観光案内の方がみなとみらい地区の歴史や名所を紹介してくださり、案内を聞きながら撮影ができる、なんとも贅沢な時間でした。

パシフィコ横浜をスタートして、よこはまコスモワールドの観覧車→汽車道→万国橋→赤レンガ倉庫と順にお散歩。
a0340713_23242258.jpg


スタートして、段々と日が暮れるにつれ、私のテンションも上がっていきます。


a0340713_01285661.jpg
ナビオス横浜から見たランドマークタワー


そして「みなとみらいの夜景が一番綺麗に撮れる場所はこちら」と、案内されたのが万国橋です。

橋の上には三脚とカメラを持ってスタンバイされている方がいっぱいでしたが、その隙間から私もたくさん撮影しました。
a0340713_23241705.jpg

この日は風が強く、とても寒い日だったので左手には手袋を。
右手はカメラの操作ができるように手袋無しで撮影していたら、「手袋片方落とされたんですか?!」と参加者さんから声をかけられました。笑

大丈夫です、ちゃんとリュックに入っています^ ^


凍えそうになりながら、最後は赤レンガ倉庫へ。

a0340713_23242815.jpg

いつ来ても夜の赤レンガは大好きです。
ライトアップされた赤レンガ倉庫は、昼間とは一味違った幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

a0340713_01290499.jpg

この後中華街まで移動し、参加者の皆さんと一緒にお食事をいただきました。
と、ここでもまた楽しいイベントが・・・。

中華料理店で、餃子と肉まん作りの体験をさせていただけたのです。

a0340713_23244546.jpg
自分で包んだ餃子と肉まん。とっても美味しく頂きました。

食事をしながら、お散歩で撮影した写真をLightroom mobileアプリで加工。
みなさん、ツイッターやインスタグラムに次々と投稿されていました。

私もインスタグラムに投稿してみました→rierio05

こちらの写真は、iphoneで撮影し、Lightroomのアプリでレタッチしたものです。

mobile版、もっと使いこなしてiphoneでの撮影回数を増やしたいな、と思います。

今回イベントに参加されたのは、webデザイナーの方、新聞記者の方、雑誌編集者の方など、錚々たるメンバーばかり。

本当に私が呼ばれて良かったのかな、と不安は最後まで拭えませんでしたが、そんな素敵な方々とご一緒できたことが何より貴重な経験でした。

素敵なイベントにお声がけいただいたアドビ広報事務局の皆さん、本当にありがとうございました。


Lightroom mobileアプリについては、またレポートさせていただこうと思います。


こどもとかめら5期生pocketsとして、フォトグラファーの活動を開始しました。
ただいまモニター様を募集中です。
30分4000円〜撮影を承ります。(2017年、3月末までの限定価格)
ご入園・ご入学、ランドセル撮影、マタニティ、ニューボーン撮影など、ご要望の場所へ出張して撮影いたします。
東急東横線沿線を中心に、東京・横浜・川崎で活動中。
撮影のご依頼はphotosmile04@gmail.comまでよろしくお願いします。

a0340713_00175839.jpg


【Instagramでも写真を投稿しています】
プライベート写真のアカウントはこちら→rierio05
アルバムのデザインのお仕事アカウントはこちら→photosmile04

お気軽にフォローしてください♪
カメラ女子
子育て


[PR]
by photosmile04 | 2017-03-01 01:44 | Adobe取材報告 | Comments(0)