カメラ、フォトブック、アルバム、子育て、日々の色々


by Rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
a0340713_22323228.jpg
こんばんは。 
今週に入りようやく冬本番といった寒い日が続いていますね。
そんな寒さの中でも、子供たちは毎日公園で元気に走り回って遊んでいます。

さて、今日から数回にわたって、フォトブックの作り方について書いていこうと思います。

家族の大切な思い出を詰め込んだフォトブック。
でも、作るの大変そう。
続けられるか不安。
そう悩んでなかなか始められない方もいらっしゃると思います。

何度か作ったことはあるけど、なかなか長続きしない・・・という方も。


a0340713_22525662.jpg
実は、フォトブックと一言で言っても、サービスの内容は様々。
作る前にサービス内容をたくさん調べて、あれもいい、これもいいと目移りしたり悩んだり・・・。

その作業にとても時間がかかり、フォトブック制作を始める前にとても疲れてしまうのです。
(私もその一人でした(^_^;))

そうならないために、『フォトブック作りのルール』を作ってみると良いと思います。


それは、

フォトブックのテーマを決める
利用するメーカーサービスを決める
フォトブックのサイズとタイプを決める

ということ。

これらを決めておくと、毎回フォトブック作成の前に悩む事項が少なくなり、
すぐに作成に入ることができます。

a0340713_22524971.jpg
せっかく湧いた「フォトブックを作ってみよう!」という気持ちが、
その後も
「作って良かった」
「また作ろう」
と次に続いていくように・・・。

皆さんもぜひ、自分のフォトブック作りのルールを決めてみてはいかがでしょうか?

ということで、
次回は『フォトブックのテーマを決める』についてのお話を。


PHOTOSMILE アトリエ Rie



[PR]
# by photosmile04 | 2016-01-13 15:19 | フォトブックの作り方◆初めに | Comments(0)
a0340713_23234837.jpg
三連休、テレビ番組で京都市動物園がリニューアルし見どころがたくさん増えたという放送がありました。
こちらの写真は3年前、長男がパパと京都市動物園に行った時のものです。

3年前、私は次男の妊娠中に切迫早産で突然の入院生活に入り、数週間長男と離れ離れの生活を送っていました。
長男が毎日寂しい思いをしているから、少しでも元気になるようにと
おばあちゃんと主人が連れて行ってくれたのが京都市動物園でした。

当時長男はまだ2歳。
テレビで動物園を見ても、当時のことは覚えていないようでした。
そこでこちらのアルバムを見せてあげることに。
2013年のフォトブックのとあるページです。
a0340713_23460105.jpg
「パパとおばあちゃんと、おじさんおばさんと行ったんだよ。」
と話すと、「うんうん、覚えてる!」と。
たぶん、実際には覚えていないと思うのですが、この写真を見て彼の中で思い出が自分の記憶として残ったのだと思います(^_^;)

アルバムの中には、普段子供たちが大切にしているおサルのぬいぐるみも写っていました。
a0340713_00034763.jpg
おばあちゃんに動物園で買ってもらったぬいぐるみ。私たちも忘れていたことが、写真の中にきちんと残っていました。

こうやって昔のことを写真と共に振り返るとき、頑張ってアルバムを作って良かったなぁといつも感じます。
データのままだと、なかなか3年前の写真を見つけ出すのは大変ですが、アルバムにしてあると
いつでも昔の思い出を見つけ出すことができます。

家族の大切な写真だからこそ、きちんとアルバムに残しておきたいものですね。

PHOTOSMILEアトリエ Rie

[PR]
# by photosmile04 | 2016-01-13 00:40 | フォトブック | Comments(0)

年末年始の思い出と写真


a0340713_00204912.jpg
こんばんは。
PHOTOSMILE アトリエの Rieです。
今日は、年末年始、実家で過ごした楽しい(美味しい?)思い出と、写真について。

前半は、神戸の私の実家へ滞在。
姉と妹もそれぞれ子供を連れて帰省し、約一週間、大人と子供9人が一つ屋根の下で賑やかに過ごしました(^_^)
三姉妹が集まると、毎日話は尽きません。

大晦日には主人も合流して、みんなで年越しそばと巻きずしを頂き、紅白を見ながらワイワイと。
a0340713_00285228.jpg
こちらの巻きずしは私が担当。せっせと巻き続けて、何本作ったか覚えていません(^_^;)

そして元旦は母の手作りおせちとお雑煮でお祝い。
a0340713_00321861.jpg
子供のころから、おせちは毎年おばあちゃんと母の手作りのものでした。
おばあちゃんが亡くなってからは、母が一人で作っています。(もちろん、私たち三姉妹もお手伝いしますが)
これだけの品数を大晦日一日で作り上げてしまう母は、やはりすごいなぁと思います。

午後になり、主人の実家の滋賀へ移動。
a0340713_00551555.jpg
在来線で1時間半の旅。車中子供たちが寝てくれたので助かりました。

翌日は全員で温泉へ出かけました。
主人のおじいちゃんは御年93歳。
おじいちゃんが元気なうちにと、主人が計画した「四世代日帰り旅行」です。
a0340713_00562702.jpg
気持ちの良い温泉と美味しいご飯の日帰り旅行。
「おじいちゃん嬉しかっただろうな」と話す主人の幸せそうな顔を見て、
きっと一番嬉しかったのは主人だろうな、と思いました。
年に数回しか帰れない義実家ですが、こうやって家族の思い出を一緒に作ることができ
私もまた幸せでした。

さて、こんな年末年始ですが、もちろん写真もたくさん撮っています。
それらをまとめるのは、LINEのアルバム機能です。
子供のお世話でバタバタしていても、何人も大人がいれば、誰かが必ずベストショットを抑えているもので。

a0340713_01183757.png
アルバム名はシンプルに「2015年冬」。
年度や季節をアルバム名にすることで、後から見返したときに、子供たちの年齢がわかりやすくなります。
それぞれがアルバムに写真を追加して、86枚もの写真が集まりました。

実はこれを一番喜んでいるのは、父と母なのです。
私たちが帰って静かになった今頃、このアルバムの中の写真を見て、楽しかった思い出に浸っていることと思います(^_^)

次回の帰省はおそらくお盆。
そのときにはまた新しいアルバムのフォルダ「2016年夏」を作って、家族の思い出が増えていくんだろうな。

PHOTOSMILE アトリエ Rie


[PR]
# by photosmile04 | 2016-01-06 23:25 | 子育て | Comments(0)